警告!これを読む前に水素サプリメントを買おうなんて思ってはいけません。

 

現代社会は免疫不全、寝不足、体調不良、ストレス、動脈硬化、心筋梗塞、ゴースト血管、痴呆症、免疫力低下の改善は全て、体の老化が原因で各内臓が本来の活動ペースに支障をきたす悪玉活性酸素が原因と言われています。この悪玉活性酸素を無害化するのに水素が今、注目されています。

 

【こんなお悩みありませんか?】

 

1540_32 疲れがとりづらく、体がだるい

1540_32 食生活の乱れている

1540_32 不安・ストレスで心が落ち着かない

1540_32 免疫力が下がったのか回復に時間がかかる

1540_32 寝つきが悪く、睡眠不足

1540_32 シミやくすみが気になる

 

体にはびこる悪玉活性酸素が免疫力の低下を始め、いろいろな病気を引き出す元になっていることを知っていますか?

その悪玉活性酸素を無害化するのが水素なんです。

水素というのは世界で1番小さい物質と言われています。

その水素が体内に入り血液中に入ることで白血球が増えて免疫力を高め、悪玉活性酸素を撃退することでウィルスなどを抑制する働きがあるそうです!

【水素は悪玉活性酸素を抑える効果が期待できる】

 

悪玉活性酸素は、細胞や遺伝子を攻撃し酸化させ、身体をサビつかせ老化や病気の原因となってしまうものです。水素は宇宙一小さな物質なので、体の隅々まで浸透していき、一般的な抗酸化物質では入り込めない、脳や胎盤、細胞壁の中まで入り込み、反応性の高い悪玉活性酵素だけに反応して無害な水へ変換。

 

水素に関しては一昨年の10月くらいから導入しています。

水素は悪玉活性酸素を撃退して実際には血液中の白血球が活発になり、免疫力を高め、血流の流れを良くし、身体を老化、劣化させる悪玉活性酸素を無害化する働きがあり、未病になると医療関係でも注目されています。

 

悪玉活性酸素が発生することで体を蝕み、様々な病気につながるそうです。

 

しかし、近年水素ブームの年もありましたが、ほとんどの業者の商品が水素が入っているエビデンスがなく、実際に問題になりました。

今残っている商品がエビデンスが取れているのもありますが、いまだにまがい物が出回っていること現状です。

 

そして、実際に水素試験薬を使ってサロンで取り扱える商品を実験しました。
その結果!おどろくべきことが判明しました。

 

 

※水素試験薬(水に水素がないと青くなり、水素水だと透明になる)

 

この水素試験薬を入れたコップの水(写真左)に「他メーカーの水素サプリ」を入れて5分もかき混ぜても無反応だったのに対し、写真右のコップに『エステプロラボ』の水素サプリは2分30秒で水に溶けて無色透明になりました。(写真下)

 

 

写真左の他メーカーの水素サプリは水素が少ないのか、抜けてしまったのか?ずっと青く透明になることはなかったです。

 

そして右の水素サプリは

水素吸着・特許素材を配合した持続放出型「水素」サプリメント

「プロトングランプロ」

 

世界でもっとも若い琉球石灰岩層に位置する宮古島の海と大地に育まれた、天然水由来の「宮古島カルシウム」。

「プロトングランプロ」は、「宮古島カルシウム」の独特な結晶構造に、長年の研究開発を経て水素を安定吸着させた特許素材「ハイドロカルサイト」や、独自製法を用いた高機能素材「水素吸蔵シリカ粒子」を採用した水素サプリメントです。途切れることのない水素で、内側から毎日の美容と健康をサポートします。

 

天然水由来の「宮古島カルシウム」を採用し、
特許製法を確立。高い持続力・放出量を誇る
水素吸着素材「ハイドロカルサイト」

 

 

 

『行政(宮古島)が管理・抽出する天然水由来の「宮古島カルシウム」を使用』

サンゴ礁の島・宮古島では、行政が主体となって地下から天然水を汲み上げ、島民の飲料水として利用しています。汲み上げた水は琉球石灰岩層の若いサンゴが多量に溶け出した超硬水のため、専用プラントで水からカルシウム成分を抽出し軟水化。その時採れる食用カルシウムこそが、独特の多孔質性を有した「宮古島カルシウム」なのです。

サンゴ礁の島・宮古島の土地から
掘り起こされた石化サンゴ

 

 

『水素の長時間・安定吸着を可能にする超微細なカルシウム結晶構造』

天然水由来の「宮古島カルシウム」は、食用としての安全性と環境への高いサステナビリティ(水産資源の持続可能性)を誇ります。「カルサイト型」という超微細なカルシウム結晶構造を持ち、一般的な「アラゴナイト型」よりも細孔がさらに細かく溶けにくいのが特徴。水素を長時間安定的に運ぶことに適しています。

宮古島カルシウムの結晶構造
左:超微細な宮古島カルシウムの結晶構造
「カルサイト型」
右:一般的なサンゴカルシウムの結晶構造
「アラゴナイト型」

『水素吸着に優れた多孔質基材を生かし「ハイドロカルサイト」の特許製法確立へ』

かねてより水素を揮発させず安定的に取り込むための研究を重ねていた工学博士や研究スタッフは、「宮古島カルシウム」こそが水素吸着に適した基材であることを発見。一般的な窯を使った900℃以上の焼成処理ではカルシウムが酸化・変色してしまうため、専用の特殊な窯で素材の組成を壊さない250℃~400℃の低温熱処理を施し、約7年もの時を経て水素を均一に吸着させた純白のパウダー「ハイドロカルサイト」の特許製法を確立しました。

 

ハイドロカルサイト
特許素材「ハイドロカルサイト」

『専門機関で高機能素材「水素吸蔵シリカ粒子」の還元力を検証』

「プロトングランプロ」の有用性をより一層高めるため、独自製法を用いた高機能素材「水素吸蔵シリカ粒子」を新たに加えました。新規素材は、『特定非営利活動法人 日本老化防御医科学センター(考証業務:三羽 信比古 県立広島大学・名誉教授)』において、還元力を検証しています。

 

『第三者機関による水素の定量試験を実施』

第三者機関で水素の定量試験を実施しました。『ガスクロマトグラフ法』により、検体から生じる水素量を測定しています。

 

 

ご興味ある方はサロンスタッフへお問い合わせください!

お問い合わせはこちら↓↓↓↓

『CAPAのECサイト』

(お客様専用サイトです。アプリからお入りください)

 

●TEL: 0467-87-2324

(着払いでも送りことも出来ます。ご連絡ください!)

 

〒253−0043

神奈川県茅ヶ崎市元町2−4山鉄3階 CAPA